記念講演

 講師

幸島司郎 氏
(京都大学 野生動物研究センター 教授


 演題

「見たい!知りたい!分かりたい! 〜氷河生態系から熱帯雨林まで〜 」

 冷たい雪と氷の世界である氷河にも、実は昆虫やミミズ、ミジンコ、藻類、菌類、バクテリアなど、様々な生物が生息し、特異な生態系が成立していることが分かってきました。しかも、氷河生態系の生物は、氷河の色を変えてその融け方を左右し、海面上昇や気候の変化など、地球規模の環境変動にも関わっているようなのです。真冬の雪の上で活動する不思議な昆虫との出会いから始まった私の研究は、その後、氷河生態系の研究へと発展しました。
 また、「どうしても野生動物を研究したい!」という奇特な学生たちとの出会いから、イルカはどうやって寝るのか、ヒトやオランウータンやオオカミの顔形態、サイやマメジカの行動と生態など、数々のユニークな研究が始まりました。講演を通じて、不思議なこと、知りたいこと、わかりたいことを素直に追求する自由な学問が、いかに楽しく、重要で、結局は「役に立つ」ものであるかを理解していただけることを願っています。(講演要旨:幸島司郎)